バイク バイクあるある バイク修理整備

バイクをしばらく乗ってなかったらブレーキが掛かったようになってしまった

投稿日:

よーくある現象なんですよね。

とにかく、ひどいと、前にも後ろにも動かせなくなる。

というやつ。

今日はそんなバイクを引き揚げしてきたので

ちょっと参考までに書いてみます。

その前に、放置したバイクのブレーキは

絶対握ってはだめ!

と、何度も何度も申しております、、、

理由は、ブレーキをかけた次の瞬間から、

ブレーキがかかりっぱーになってしまうからです。

次に、不具合箇所と対処をお伝えします。対処ですよ。

修理方法じゃないですからね、対処です、あくまでも。

 

不具合箇所【ディスクブレーキの場合】

  • キャリパーのピストン、シールが固着
  • マスターシリンダーの固着
  • ブレーキライン内の固形分のつまり

ざくっと、この三つが考えられます。

多いのは、キャリパーの固着ですね、

キャリパー固着している場合は、

キャリパーボルトを外して、キャリパーを取れればいいんですが

ピストンで押しっパーになってると思うので、

ブリーダーから、ブレーキ液を抜いてあげてください。

これで、固着が解除される、あるは、緩やかになることがある。

あくまでも、あるですからね、それでもひどい固着の場合は

ディスクに絶対に負荷が掛からないように、マイナスドライバーで

パッドとパッドの間に突っ込んで広げていく。

絶対に、ディスクに負担が掛からないように!

ブレーキディスクは、とっても柔らかいです。

びっくりするくらいに、簡単に曲がっちゃうからね。絶対にね。
バイクのブレーキで連想されるいろいろな【あ!】

基本、フロントブレーキマスターの固着も、ライン内の

異物固形物原因の固着も、キャリパーのブリーダーから

すこしブレーキ液を抜いてあげれば、解除できることがある。

 

ブレーキ液を抜いたたら、ブレーキ液が回りのモノを

腐食、浸食させるのを防ぐために、水をかけてください。

じゃばじゃば、じゃぱねっと!みたいに^^

 

固着が解除できたら、後は、バイク屋さんに修理を

お願いしましょう。

自分でやってもいいんですけど、見落としとか

知識不足で、しっかり治らないと、後で、

走行中に、ブレーキびみょうーに掛かったままで

熱もって、ペーパーロック、になっちゃうかもしれないっすよ。

あ、ごめんなさい。ドラムブレーキの記載がなかった。

 

ドラムブレーキの固着の不具合箇所と対処

  • ブレーキワイヤーのワイヤー自体の固着
  • シューを広げる為のシャフトの固着

この二点ですね。とになく、ドラムは、やっかいかなぁ。

ワイヤーは、交換しかなく、ドラムシャフトも分解しかなく。

固着しちゃった場合は、シューを広げる為のレバーを

ペンチやプライヤーでつまんで、引っ張って解除

あとは、絶対に触らないようにて、バイク屋さんに

修理レッカーのお願い。

 

まあ。とにかく。とにかく、放置だけはしないでください。

 

できるだけ、できるだけ、できるだけ、乗ってあげてください。

 

他人のバイクを乗るっていうサービスを、

誰か始めてください^^

wpkairotiprofile-2_R[1] - コピー
バイク買い取り屋の秘密公開中

 

ad

ad

-バイク, バイクあるある, バイク修理整備

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2017 AllRights Reserved.