店長の独り言

どーでもいいモノの値段が大体300万円なんだよね→ハンバーグ師匠、ついにバイク買う 350万円の「CB1100」を即決! 「見た瞬間ときめいた」

投稿日:

だいたい!!、なんでもいいものの値段ってのは、300万えんくらいだからなぁ、と、思った記事でした。

むかし、グーバイクに広告だして、車両販売していたときにね、感じたことは

ものの値段は、その良し悪しでなくて、予算なんだってね。

こっちの方が、ちょっと値段高いけど、ものはそんなに良くないんだ

って言っても、予算持っている人は、状態が良くない高い方を、なぜか買っていくんです

あ、それだけ、信用されていないってことかなぁ。

なんか一生懸命、状態をよくしても、別に予算で買えるものを買うっていう消費者だから

良くなくてもいいんだなぁ、って、真剣に思った。

で、細かく状態を考えて、値段設定するんじゃなくて、もう、機械的に

すみません。記事。途中だった^^

ものの値段っていうのは、価値じゃなくて、買える人がいるから、値段が決まるってことなんだと思う。

要するに何が言いたいかってことだけど、あれだね、最近、僕は絵を売りに出しているんですが、ミニマムで300万円で値付けしている。

なぜって、ぼっこいカスタムバイクって大体300万円くらいだからな、

という理由。

あと、まさかいないとは、思うけど、火災保険?家財保険?とかで、保険料かけて

水濡れさせて、現金つくるとか、そういう使い方する人もいるのかなぁ。

ま、とりあえず、どっかから、ねぇ、ちゃちゃっと描いてよ、とか言われた時に、ムカつかないように

ヤフオクでもAmazonでも売っているから、その程度だと、そのくらいだよ、って言えるしね。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2202/24/news175.html

ad

ad

-店長の独り言

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2022 AllRights Reserved.