クラシック ジャズ 店長の独り言 音楽

小田桐和寛という、怪物を観に行ってきた。

投稿日:

今日は、お気に入りのぶらんさんで、ランチ食べるぞ!って午前11時に行ったらやってなくて、チェックしたら11時半だということを知って、一つ利口にはなった。ランチの為に、朝ごはんをモンエナだけにしていた、今日はご飯少な目でをリクエストしなかった、どーも大久保です。

さて、本日、師匠のリサイタルに行ってきた。

で、Facebookには下記のように書いた。

 

 

師匠のリサイタルにいって、勉強させていただきました。
 
あの派手なシャツがどこで売っているかを教えて頂いて、負けないくらい派手なシャツを着たいと 
 
結局、師匠と奥さんが作り出した怪物のかずひろ先生を見るのが楽しみです。
 
今日は、圧巻のプロ感、安定感にやられっぱなしでした。楽しみですね。
 
師匠がオケに乗ってないときは、はそれはそれで、勉強になりますし、乗っているときも勉強になります。
 
あれですよね、師匠とかずひろさんは、喧嘩してたんじゃないですか?って、舞台出てきて思いましたが、思い違いでしょうか^^
 
なにはともあれ
 
ステージの家族をみて、
結局、ママが一番すげーんじゃん。
この家族は、このママがいないと存在しないんだよ。
 
 
 
アスとエスでハミングね。って。
あの瞬間、鳥肌立ちました。
 
もう、音楽離れてしまっているので、みんなあの瞬間声を出した時、
どんだけすごいかって、、、、。
 
 
と、リサイタルに来なかった人は、バカだなぁ、って思いました^^
 
おいおい。
 
 
おちはなし。
 
 
本当に今回も、たくさんの事を学ばせて頂きました。
 
 
以上。

****

パーカッションていうのはね、言葉がない、音だけの俳句だ

 

わかるかな。この感覚。

二年前に初めて目撃したとき、度肝をぬかれたが、

今回は、その成熟ぶりに、安心と、将来の姿を期待して、身震いするほどであった。

 

これぞ、怪物。

 

わかりやすく言うと、

 

大谷翔平選手の期待感って、どんな感じ?

 

そんな感じだよ。

 

 

 

ad

ad

-クラシック, ジャズ, 店長の独り言, 音楽

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2018 AllRights Reserved.