クラシック 店長の独り言 歌謡曲 演歌 音楽

ショパンを弾く前に、松田聖子さんを聴け

投稿日:

僕はさぁ、ひとつ、お題をいただくと、ほぼ、永遠に頭の中に浮かべておいて、なにか閃きがあるまて、ほっておくことが大好きな、どーも大久保です。

 

先日、ショパンって、どーやって弾くのって、言われた、あの宿題

 

もちろん、こたえ一回出しましたが、さらにさらに、浮かべてあった。ら。

 

先日、あー、夜も夜、深夜、ぼーっと、眠れないんで、スマホでラジオ聞いていたの。

 

結婚するなら、絶対森田美由紀さん!って、思っている

 

森田美由紀さんが、パーソナリティーやってた、ラジオ深夜便。

 

 

なかなか、心地よい曲が、いっぱい流れてくるんで、結局3時半くらいまで眠れなかった。

 

さだまさしさんが流れてきたところで、秋田というか、飽きたというか、眠くなれたので、寝た。ようだ。

 

 

その中、松田聖子さんの、スィートメモリーを、島津亜矢さんという演歌歌手がカバーした曲を流してて

 

島津亜矢さん。すげー上手だから。演歌歌手ね。わかってると思うけど、演歌歌手ってのは、技術が超あるからね。

 

そして、また、声がきれいなんだ。きれい。

 

緑の濃い森の中から、どんな羽色をしているか想像できないけども、とんでもなく心地よい鳥の声

 

そんな感じの、透明感がある声なんだなぁ。この、島津亜矢さんってのは。

 

で、曲が流れてきて、1フレーズで

 

聖子を超えた

と、思ってしまった。

 

声が、こんなにきれいだと分かったのは、解像度の高い、高価なイヤフォンを使っているからだろう

 

聞こえなくてもいい音まで伝えてくれるから、それはそれは、隅々まで、裸を見られるような恥ずかしさが、聞いているこちらにある。

 

が、しかし、大久保です。ここでオチを付けない分けには、いかないのです。

 

あの美しい声色で、あの美しいメロディに引っ張られることなく、完全に感情、抑揚を制御したフレーズに、度肝を抜かれた訳ですが

 

次のフレーズになったときに、あまりにも気持ちが良いメロディーに、我慢できなかったんでしょう

 

気持ちよくなっちゃったみたいで、歌手から、たんなる歌が上手なカラオケの人になってしまった。

 

 

あのCDをプロデュースした人のレベルが知れるが、それは、セールスには関係ないが、、、、。

 

 

それで、思ったんだわ、松田聖子さんの、あの感情の抑制。

 

美しいメロディーに引っ張られることなく、完全に感情をコントロールして、最後まで淡々と盛り上げて、鎮めていく

 

これは、まさに、ショパンを弾くということと、同じではないかと。

 

かたっぱしから、松田聖子さんを聴いて、あの感情のコントロールを体験する必要があるんじゃないかと。

 

松田聖子さんの歴史はこんな感じですね。参考までに。

↑僕が使っているイヤホン


ad

ad

-クラシック, 店長の独り言, 歌謡曲, 演歌, 音楽

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2017 AllRights Reserved.