アフィリエイト ブログ プロブロガー 副業 店長の独り言 早く東京で消耗しようぜ! 転職

アフィリエイトで生活していけますか?って言われたので、知ってること教えてあげる

投稿日:

鮭に、はまって。というか、おっきなパックだし、食べる人数が少ないので、毎日、鮭食べてます。今朝は、またもやサーモンサンドにして、ご機嫌におなかいっぱい食べてきた、どーも大久保です。

 

さて、みんな、楽して、しか、考えていないから、教えてあげる

 

アフィリエイトで生活できる方法

 

それはね

 

金という卑猥な言葉を並べれば食える

 

世のため、人のため、他人さまのために、なんて思っている人は食べられません。

 

 

いいですね、自分が自分が、という人な、かならずアフィリエイトで食べていけます。

 

 

金の匂いを、上手に演出できるか、に、注力してみてください。

 

どんな想像、妄想を掻き立ててあげらえるか。

 

 

これって、成人の男性向けの商品と一緒です。わかりやすいでしょ?

 

 

てっとり早く正解にたどり着きたい人は、大変に有名で立派な先生がいるので

 

その人を細かくチェックしてみましょう。

 

 

イケダハヤト先生という、すっごい人がいますから。

 

 

僕は、一か月くらい、イケダハヤト先生のついたーを追ったんですが

 

 

飽きた。

 

 

卑猥なんだもん、、、。と、気が付いたからです。

 

 

重要なところは、山ちゃんがイケハヤ先生をチェックして、詳しくかみ砕いて教えてくれるので

 

 

とりあえず、アフィリエイトで食べていくのには、まずは、ブログをワードプレスで立ち上げる

 

その前にサーバーを契約して、ドメインも取ったほうがいいかなぁ。

 

A8さんのファンブログでもいいと思うけど、これ、全部無料だから。僕も、どのくらい行けるのかわからないので、数日前に試しに無料登録してみた。

 

 

 

あとは、ブログを書く。できれば、コンテンツは、うちなら、バイクでやるんですけど、

 

ごったなものじゃなくて、専門的なものがいいかと。

 

その専門を、別々のドメインで運用する。

 

 

そうすっと、どのコンテンツがアクセスがあるのか、とか、アフィリで成果が上がるのかが、確認できるしね。

 

 

なによりも山ちゃんに教わったのは、どんなものでも、どんなコンテンツでも1000枚の記事を書くこと

 

 

記事は、文字数が800以上。そして、キーワードをちりばめること。三つ以上、キーワード一つの記事の中にいれること。

 

 

だ、そうだ。

 

 

これをやれば、1年後には、たべれるかな、、、。ってくらい。

 

当たれば、1年後には、確実に食べられる。

 

 

サイトが一つじゃ無理だと思うので、複数のサイトを作る必要がある。

 

 

でも、まずは、一つのコンテンツで、1000ページの記事を書くこと。

 

 

そうやって、また、違うコンテンツを増やしていく。

 

 

山ちゃんにそうやれって言われたので、いま、やってるところ。

 

 

とにかく、僕は、いま、子育てや、NPOやったりしてるので、時間がないから、記事をかく時間がないから、一日に1ページでもいいので書くようにしている。

 

 

ふつうの人なら、大体800文字の記事を書くのに30分くらいかかるから、

 

 

一日に10本の記事を書く、三か月で900ページになるからね。

 

 

って、専業だったら、そのくらいの時間取れるかな。

 

 

副業なら、一日に1ページ書く。半年で180ページ、このあたりで、半年あたりで、収入が発生してくると思います。

 

記事の数だけ、コンテンツの数だけ、増やしたら増やした分だけ、収入となります。

 

 

あとはアフィリエイトサイトですね、僕が使っていて、

 

間違いないアフィリエイトサイトは、



このA8さんね。僕もここに登録して、もちろん無料で登録です。

 

で、月に3万円くらいになってます。

 

アフィリエイトやるなら、運用ドメイン数がそのまま、結果につながるので

ドメインを無制限に登録できるサーバーに最初から契約した方が、安全でロスがないです。

僕は、100GB無制限レンタルサーバー【X2】
にて、運用しています。



 

今まで、まったくよい転職先に巡り会えなかったら、最後の最後に⇒あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!で見つかります。













ad

ad

-アフィリエイト, ブログ, プロブロガー, 副業, 店長の独り言, 早く東京で消耗しようぜ!, 転職

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2018 AllRights Reserved.