自動車

自動車のバッテリーを交換するタイミングは使い方によって違う

投稿日:2016年8月20日 更新日:

いつしか、バイクに乗らなくなって、車ばっかりのってるとたまーーにバイク乗ると、あれ?と、筋肉痛になる、どーも大久保です。

 

自動車のバッテリーって、いつ交換したらいいか、という、明確な基準がないですよね。

 

不安をあおるだけとかも、ありますしね。

 

ガソリンスタンドでの、バッテリーテスターというのも、あてになるようなならないような。

 

ならば、ちゃんと数値を書いておけば、困らない。でしょ。

 

バッテリー単体で、12.4Vを下回ってきたとき。12.3V以下になったら交換。

 

エンジンを始動する前に、ようするにエンジンが冷えている状態で、ボンネットを開けて、バッテリーの電圧を計ってください。

 

いま、テスターも安いんで。こんなのもあります。

新品のバッテリーは12・8V~12.6V付近を発生しています。なにもしない状態で。

なので、電圧が、12.3Vを下回ったら交換してください。

 

もちろん、セルの回りが遅くなったとかあったら、バッテリーの寿命が近いか、セルモーターの寿命が近いかになります。

 

そのさい、まずは、安い、バッテリーから交換してみます。

 

バッテリー交換する前に、エンジンかけて、発生電圧、充電電圧を確認してください。

大体14V付近が出ていると思います。

 

14Vを下回るようだと、充電の系統がよくない可能性がありますので、車屋さんにもっていってください。

 

新品バッテリー単体の、電圧を計ってから、

 

エンジンを始動して、発生電圧を計る。

 

これをしないと、バッテリーじゃないトラブルを見落とす可能性がありますから。気を付けてください。

 

 

なお、バッテリーはこちらで安く売ってます

 

 

毎日、夏場に乗る人は、バッテリーが夏に終わっちゃうことが多いです。

 

たまにしか乗らない人は、寒い、冬にバッテリーが終わっちゃうことが多いです。

 

それも踏まえて、電圧を計れば、バッテリーの交換時期はおのずと分かってきますね。

 

そう、それでも不安だったら、確実に2年に一回、交換してあげてください。

 

車は、バッテリーに依存する部分が多いので、バッテリーを新品にすることにより

 

燃費がよくなったりもします。びっくりしますが、ほんとうに燃費がよくなって、エンジンの振動が少なく、しっかり燃焼しているな

 

というのが、感じられる人もいます。

 

廃棄のバッテリーは当方では無料で引き取っております。ご近所の方は、お気軽にお持ちください。

 

廃棄バッテリーはNPOに寄付して、活動資金にしてもらっています。

 

9月は、本当にバッテリートラブルでロードサービスが多いです。

 

トラブって、大事な休日を一日無駄にしないためにも

 

バッテリーは(高くないから)交換しておくことをお勧めします。

 

 

 


たった60分でバイク車検を完成できるのはホリデー車検
さんです。

平日も60分バイク車検、土日も60分バイク車検全国どこでもホリデー車検
さんを、お勧めします。うちは商売敵なんですけどね^^。お勧めしちゃいます。

自動車の車検は、たった40分なんだって。それも、すごいなぁ、、、。

 

自動車の車検、法定費用まで、カード支払いが可能なショップを全国から探す⇒◆全国にいっぱいあるから探してみる?◆

 

 


wpkairoti - コピー (2)P_20160308_170328
バイク買い取り屋の秘密公開中

ad

ad

-自動車

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2020 AllRights Reserved.