バイク バイク修理整備

キャブのオーバーフローの対処と修理はこれだ!

投稿日:

ずいぶん、キャブレターさんとは懇意にさせて頂きました

おそらく、調子がでてくれるとは相思相愛

調子がでてくれないときは、疑心暗鬼

ま、恋愛みたいなもんですね、キャブとの付き合いは

 

はい、ここ、笑うところです!

 

と、この記事を観てる、探してきた人は

怒るところですね。すみません。

 

オーバーフローは、エンジンの始動が困難だったり

キャブからぼとぼと、とか、エンジンにそのまま入って

なぜかエンジンオイルが満タンちゃぷちゃぷ

と、いっぱい悪さをします。

 

ちょっとばかしのオーバーフローだと、

アイドルが不安定とか、目が痛いとか

そんなもんですが、気分もバイクにも良くないので

ばっちり治しましょう。

 

 

P_20160119_114129

P_20160119_114134

P_20160119_114108

 

バルブのごみだとか、油面。目黒じゃないっすよ

とかは、もうみんな知っているでしょうけど

その全部をやってもダメな場合は、↑の写真を観てください。

 

このフロートバルブが入っているところの

フロートバルブ受けのところにOリングがあるんですが

これがへたってくると、微妙に、すこしすこし、

ガソリンがオーバーフローするんです。

なので微妙にだから、走れたりもするんですが

 

い、ま、い、ち。

 

な感じになるんです。

 

P_20160119_114154

P_20160119_114150

外そうとしたら、ぼろっととれてくるくらいに

おーリングはへたっていました。

丁寧にとって、ごみを1000番のペーパーで

優しく磨いてあげて、シリコングリースを塗布してから

オーリングを優しく嵌めてあげます。

 

とても繊細に、気持ちを込めてする作業です。

ここが傷つくと、また、キャブあけるの?って。

 

だから、繊細に、そして気持ちを込めてあげてください^^

 

ここまで、綺麗に上手にできたら、気持ちいいバイクの出来上がりです。

 

 

あとですね、バイクのキャブレターを分解して

組んでもらうと、すぐ、何万円にもなりますが

自分でやってみてくださいね。わかりますから。

どんだけ大変か。

そして、素人さんが作業している作業の5倍くらいは

やらないことをやってますから。

 

知らないことをやるってことかなぁ、見える部分だけを

やるのではなくて、見えない部分も想像しながら

作業するんです。もちろん、実際に手を入れるってことですよ。

 

気持ちなんか、入れてもバイクは調子よくならないですから。

 

ただ、僕は気持入れると、調子よくなります。ほい。

 

オーバーフロートハ、ハラニツイタムダナニク

 

です。

 

wpkairotiprofile-2_R[1] - コピー
バイク買い取り屋の秘密公開中

ad

ad

-バイク, バイク修理整備

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2017 AllRights Reserved.