バイク車検 バイク車検 車検あるある

バイク車検で排気ガス検査にて落ちた、車検場で対応できること。

投稿日:

先日、僕の携帯に、同業者さんが、車検で落ちちゃって、って、ヘルプの電話がかかってきたので、あー、記事にしようと思ったんです。

いま、車検場で、排気ガス落ちた。どうすればいい?

車検の時、CO(シーオー)とHC(エイチシー)の両方を測定しますよね。

CO値がでかくでちゃった時は、それ、ガソリンが濃いって感じをイメージしてください。

けっこう、パイロットをいじっちゃってる車両を、こっそりそのまま、持ち込まれて、えーー、ってなること、うちもあるんです。

ガソリンが濃いから、薄くしてあげればいいんですが、車検場でできることは、限られているので、まず、COで引っかかった車両は

マフラーのつまりという車両も多いので、空ぶかしを、かなりやります。

走行距離が出ている車両は、マフラーがススで詰まっていて、このCOが上がってしまう車両、多々あり。

どのくらい、空ぶかしするかっていうと、ファンが回りっぱなしになるかもなぁってくらい。

この時、がんがん空ぶかしすると、マフラーからいろんなものが飛んでいくので、必ず、迷惑にならないところでやること。

これでも、ダメなら、エアクリーナーの蓋を外すとか、ガソリンコックがある車両なら、ガソリンコックを閉じて、フロートの中のガソリンだけでエンジン回すとかね、そういうことも可能。

あとは、アイドリング下げるって手もあるかなぁ、どうだったけなぁ。

基本、新鮮なガソリンで、新鮮なエンジンオイル、新鮮な空気(エアクリーナー)、新鮮な火(プラグ)で、正常な圧縮だよ。これが、大事だから、頭の中で想像してください。で、詰まっていない煙突(マフラー)、これが、大事。

HC(エイチシー)で、落ちちゃったってのは、大概、アイドリング回転が低い。から。

まず、その車両の、正確なアイドリング回転数を調べてください。

結構、アイドリングを下げて、使用している人が多いのと、知らず知らずにアイドリング回転が下がっている車両も多いです。

車検で入庫した車両は、アイドリングを調整していますが、低いのを高くするという調整がほとんどです。

たまに、高くて、低く調整をする、ということもありますが、持ち込まれた時に、アイドリング回転数が高い車両は、他にトラブルを抱えているため

正常なアイドリング回転数に調整すると、アイドリングしないという現象が起きますね。これ、よく覚えておくように。中古車を個人売買とかで購入する際に、アイドリングしない車両は、トラブルを抱えていることがほとんどです。

CO(シーオー)は、基準値内で、HC(エイチシー)だけ、基準オーバーの場合は、けっこう大胆にアイドリングを上げることもあります。

400ccのオートバイだと、4発は、1500回転前後ですよね。アイドリング。

これを3000回転まであげて、HC(エイチシー)下げたこともあったかなぁ^^

車検と言っても、ユーザー車検で持ち込んで、一回トラブルがあると、対処できないことがあるでしょうから、暇な人以外は、プロに出すのがいいかと思いますよ。

ホリデー車検さんは、バイクもやってくれるし。



ad

ad

-バイク車検, バイク車検, 車検あるある

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2020 AllRights Reserved.