人類を救う為の賢い知恵 店長の独り言

暇だからといって外ばかり出て、うろついててはお店なくなっちゃいます。

投稿日:

こっそりお伝えしますと、昨日、朝から二日酔いで、トイレにて戻しておりました。あー、だって、日本酒がまずいから、いくら飲んでも満足しなくて、飲み続けていたら、朝起きて終わってしまった、ひさびさにあほなどーも大久保です。

さて、最近、引っ越しを不倫王のおかげでする羽目になったのですが

ってか、今日、不動産屋に電話したんだわ、排水溝を掃除したいんだが、錆で固着してはずれないんだけど

って、

はい、不動産屋はクズ

ということで、あきらめました。自分で適当に対処します。

 

そう、住む町が変わって、ま、イタリアングレーハウンドを連れて左手の小指にリングをしているような背の高いけどぺったんこの靴を履いてくるぶしが見えるかみえない程度のスカートがとても素敵だな、みたいな人はいないのですが

 

いろんなお店とかがあって、観察しまくっています。というか、常に命の危険を感じておりますから、

 

いろいろなところに目が行くわけです。

 

いつもあそこの床屋のおっちゃんは、外を眺めているし、外にでてきてぶらぶらしてるなぁ。

 

とか、

 

あそこの居酒屋っぽいお店の人も、外でうろうろしているなぁ。とか。

 

仕事が薄くなってきて、待っている時間が増えたのなら、なにか新しいことしなきゃ

 

需要のあるところ、あることを探さなきゃ。って思うんだけど。

 

暇つぶしとか税金対策でお店やっている人も結構いるけどさ

 

それっぽくもないし。

 

結局、お客様が減っているということは、人口が少なくなってきていること、よりも

 

対象としていたお客様の年齢が上がってしまった、と、考えるのもよいかと思います。

 

床屋さんも、髪を切ってもらいに、そこまで行けない。ということが多いんじゃないかなぁ。

 

業界のしばりとかがあって自由に動けないのかな。

 

お客が来ないのなら、自分から行けばいいのに^^。

 

お店でカットするようなクオリティーじゃなくてもいいんです。キレイにさっぱりとカットしてあげれば、そうとう満足じゃないですか。

 

いずれ、ああやって、外を眺めている床屋さんは、廃業するのか、格安カットに業態変化するのか、大手格安カットチェーンのスタイリストにバイトに行くか

 

になるのかな。

 

人間、変わることが嫌だから、今のままで、適当にって思うのに

 

なぜ、プライベートでは充実させたくて、新しいことに挑戦するんでしょーか?で、詐欺にあう、、、。^^(笑)えないい。

 

大倉山のコーヒー豆屋さんより、さらに奥の方に少しいくと、平日に暇な時間のカット、髪の毛のカットね

 

これ、税込みで900円を下るお店がある。今度行ってみようと思う。

 

スタイリストさんが二人で作業していて、かならずお客さんが何人か待っている。

 

アイドルタイムをいかに、仕事回していくか。だろうし、新規顧客を獲得するのにもいいと思うんですよね。

 

お試しで、たまたま平日お休み貰えたときに行ってみた。で、普段忙しいけど、美容室まで遠いし、って人が、

 

いっかいお試しでカットしてもらってるから、じゃ、あそこで。みたいな感じにもなるだろうしな。

 

で、僕も次はそこに行ってみたいと思います。大体、900円を切るサービスだぜ、、、。1000円でお釣りいりませんーー。ってかっこつけてきます^^

 

理容、美容業界の人も大変だと思いますが、需要はいろんなところに、必ずありますから、それを探してみましょう。

 

お客様のニーズがどこかにあって、それを満足させること、お客様の幸せにつながります。

 

で、次。

 

暇そうな、居酒屋のおっちゃんについて。

 

料理の品目が多いってことは、食材もたくさん持つ必要があって

 

ロスも多いよねぇ。って、ひたすら、僕は冷蔵庫には、野菜以外は入れないようにしています。

 

一人暮らしじゃ、あれもこれも買っても、作っても、食べてくれる人がいないから。

 

居酒屋も、メニューの数を半分の半分くらいにして、さらに、簡単なものにして、

 

でも食材はよいものを使って、一回食べにきてくれた人が、これ、食べないと損だな、と思わせるものを提供する。

 

これ、川崎市中原区にあるまぐぎゅーさんだなぁ。

 

もう、初めてカキフライ弁当食べたとき、空揚げ弁当食べたとき、

 

これ、やりすぎ!!

 

ってくらい、食べなきゃ損。って思ってたもんなぁ。

 

その後、ちゃんと値上げもして、食材の質も並みのものになりましたが、それでも毎日お弁当買いに行ったもんなぁ。

 

食べ物屋さんは、広告宣伝費をかけるのは、提供する食べ物、でオッケーなんです。

 

ちょっぴりイイものを出してあげるだけで、お客さんは、また来ないと損しちゃうなぁ。ってなるでしょ。

 

例えば、僕はカレーが大好きで、大体週に10食はカレーを食べるのですが

 

カレー屋さんで言えば、カツカレー。負け彼とか、遠吠え彼とかは、ダメですよ。^^

 

カツカレーのカツを、おーいい!なんじゃ、こりゃ。ってな感じのボリューミーでジューシーなものにしちゃうってのもいいんじゃない。

 

いま、思いついたのは、生姜焼き用にするロースを、あれを、一晩サラダ油に漬けておくでしょ

 

で、翌日、重ねて、トンカツのようにする。

 

それをカツカレーのカツとして提供する。

 

柔らかでありながら、心地よい歯切れ感の肉。カツに仕上がりそうだよね。

 

安い肉でも、一晩、サラダ油に浸して冷蔵庫に入れてから、焼いてみてね、とてもおいしいから。

 

あそこのカツカレー病みつきだよね。ってなのを提供できたら、あとは最強だよね。

 

もう、カツカレー食いにいくよ!が、愛言葉になってしまうから。

 

ベルトコンベヤー式に、できていくでしょ。利益と顧客が。

 

例えば、餃子を包む手間とカツを作る手間、販売価格で言えば、どうかなってところだよね。

 

餃子などは、外注でオリジナルの餃子を包んで納品してくれる業者がありますけど

 

オリジナルカツは、作成してくれるところはなさそうだもんなぁ。

 

そこは、普通にパートさんにお願いすればいいんです。

 

専用のカツ作成工場を作って、ひたすら重ねロースカツを作る。

 

もちろん、店舗では、カツカレーが飛ぶように売れますが、お土産用にカツも揚げておけばいいんです。

 

そうすると、忙しい昼時でも、カツは、常に揚げ続けていてもオッケー。

 

タイミングで、カツカレーの受注がない場合、お弁当用として、ホットケースに並べておけばいい。

 

もちろん、パンやさんから、専用のコッペパンを仕入れて、そのカツを挟んで、カツサンドとして店頭で販売、お土産用としておいてもいい。

 

と、盛り上がってしまいました。

 

飲食店に限らず、お客様が喜ぶ何かを見つけてあげられれば、みんながハッピーになれますから。

 

不倫はダメですよ、自分だけハッピーになって、相手の家族をバラバラにしちゃいますからね^^

 

ad

ad

-人類を救う為の賢い知恵, 店長の独り言

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2018 AllRights Reserved.