バイクあるある バイク車検 バイク車検 車検あるある

車検に通らないLEDヘッドライトバルブと普通のハロゲンバルブの違いについて

投稿日:

基本、LEDのヘッドライトバルブ【H4】のハイロー切替は、車検に通らないものばかり、なので、それを動画に撮ったら、再生回数がいいので、記事にも書くことにした。

バイクのヘッドライトは、ほとんどが、H4のハイローバルブなので、それについて書き進めます。

まず、ホンダのドリーム店さんで勧められたものは、車検も、寿命もオッケーだろうけど、それ以外は、ま、とびきりの美人さんと結婚できないのと同じ確率で、よいバルブには巡り会えないと思います^^

ヘッドライト比較動画は⇒ここにあります

LEDのヘッドライトは、光量がでないケースが多く、車検の基準をクリアできません。

車検は、15000カンデラという数値が最低限必要なのですが、上記動画だと10000カンデラ付近で、ライトをどう調整しても、基準を満たしません。

ルーメンやケルビンという単位は、車検では関係ないので、あくまでも、カンデラ数で考えてくださいね。

また、フィラメント、というんでしょうか、発光体のある部分、位置がハロゲンバルブと違うと、ライトの照らし方も変わってしまうんですね。

視認性がよいのならば、交換してオッケーですが、視認性が悪くなってまで、変更する意味はないと思います。

車検の時はノーマルのハロゲンバルブに戻してくれると、大変助かりますし、費用も数千円抑えられますので。

ちなみに、うちが車検の時、電圧が低くて、カンデラが稼げない車両を持ち込む際に、実際に使用しているLEDバルブが下記です。

あと、結構ハイロー切替と言って、ハイローが同時に点灯するタイプのバルブも見かけたことがあるので、それだと、もう、どうしようもないので、気を付けてください。

検索したら、ドリーム店さんで、下記のバルブお勧めしてた。から、大丈夫です!

 

ad

ad

-バイクあるある, バイク車検, バイク車検, 車検あるある

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2020 AllRights Reserved.