バイク バイクあるある バイク修理整備 自動車

冷却水の交換の仕方と、注意点。これだけ抑えておけば安心!

投稿日:

今朝は、鮭を焼いたんで、炊き立てごはんでお茶漬けにして食べようと思ったんですが、時間がなくなって、仕方なく、風呂につかりながら、飲むゼリーで朝ごはんにしてしまった、どーも大久保です。

 

夏はさ、冷却水のトラブルがでるから、みんな、見ておいてね。

 

って、何度もいいますけど、冷却水は、見ておいてください。僕自身も含めて、再度確認。

 

夏だから、暑いから、エンジン回りはさぁ、作業したくないけど

 

エンジン壊したくなかったら、冷却水見ろ

 

いいですね、言いましたよ。

 

特に高速道路で遠方にいくとかねぇ、まじ、冷却水、オイル、見てね。

 

僕も、高速でエンジン壊したことあるし、、、。洒落ならないよ。

 

まぁ、そんなんで、冷却水の交換は、簡単。

 

まず、

 

一番高いところと一番低いところを探す

 

一番高いところは、水を入れるところだね。

 

じゃ、一番低いところは、水を抜くところだね。

 

 

エンジンが冷えた状態で、作業は開始します。

 

絶対、エンジンが熱いときは作業しないこと

 

やってみればいいけど、理由分かるから。けがするから。危険だから。

 

 

一番低いところから水抜いて、抜いた水は、希釈すれば捨てていいことになっているから

 

一番低いところから水抜けたら、錆とか入ってなければ、問題ない。

 

錆とかが出てるようだと、ちょっと、分からんから、プロにもっていってくださいね。

 

 

で、今度は、一番高いところから、水いれる。

 

といっても、大体は、ラジエターキャップ。だね。

 

 

ゆっくり、ゆっくりと入れてください。

 

大概の車両は、それで、エア抜きができるから。

 

でも、エア抜きができない車両は、エア抜き用の小さいボルトがついているから、それ探して。

 

 

冷却水の、リザーバータンクに、FULLの線に合わせて、入れて。これは、FULLの線に合わせることで、ラジエター内、冷却系統の中にどれだけエアが入るか、どうか、の確認もできたりする。

 

 

ラジエターキャップを閉めて、エンジンを始動する。これ、できれば、アイドリングがいいなぁ。

 

万が一、水がぜんぜん足りなかったときにトラブルを考えると。

 

水温系の動きを注視すること

 

水がLLCがしっかり入っていないと、温度計の動きがおかしくなる。

 

全然上がらなかったり、あるとき、突然跳ね上げる感じになることがあるから。

 

そうしたら、必ず、ラジエターのファンが回るまで、確認すること。

 

車両にもよりますが、10分前後、排気量の小さいものだと20分くらいかかるかなぁ、アイドリングでおいておくと。

 

そのときも、できれば、水温計の動きも見ておいてくれるとありがたい。

 

 

どの位置で、ファンが回るのか。大体、アナログメーターだと、上から1/4くらいでは、回ると思おう。半分より、ちょっと上くらいで設定してある車両が多い。

 

デジタルのメーターだと、105度とか、そのあたりかな。設定されているのって。

 

 

ファンが回らないと、いいですね、ファンが回らないと、エンジン壊してしまう可能性があるから、気を付けて、さっきの、水温計の動く位置を超えても回らなければ、エンジン止めてください。

 

大体、エンジンをアイドルでおいておく、そして、ファンが回らないと、やや、アイドリングが落ちてくるから、その瞬間に止めてあげて。そうすれば壊れない。

 

 

ファンが回らない原因は

  1. 冷却水が足りない。足りなくて、ファンスイッチに熱が伝わっていない。
  2. ファンスイッチのサーモスタットが壊れている。
  3. ファンモーターが壊れている。

大体は、この三つ。ですが、これだけとは限らないので、どこが原因であるかは、間違いないように、診断してください。

 

 

ファンの故障と思われたら、すぐにショップにもっていって、修理してもらってください。ね。

 

ファンが回るのは、必ず、2回、確認してください。僕は、三回確認してから、お客様には出すようにしています。念のため。

 

それで。一晩おく。

 

一晩おいて、リザーバータンクの容量を確認する。

 

と、減っていたり、増えていたりするので、減っていたら、エアが入っていたなぁ、と、確認ができます。

 

減る量がすごかった場合は、かなり、しっかりと冷却水が入っていない可能性もあるので、チェックしてください。

 

あとは、それで、完成なので、翌日、次回乗るときに、再度、リザーバータンクの容量を確認。

 

 

まぁ、運行前点検で確認はしてほしいです。

 

たった60分でバイク車検を完成できるのはホリデー車検
さんです。

平日も60分バイク車検、土日も60分バイク車検全国どこでもホリデー車検
さんを、お勧めします。うちは商売敵なんですけどね^^。お勧めしちゃいます。

自動車の車検は、たった40分なんだって。それも、すごいなぁ、、、。

 

自動車の車検、法定費用まで、カード支払いが可能なショップを全国から探す⇒◆全国にいっぱいあるから探してみる?◆

 

 


wpkairoti - コピー (2)P_20160308_170328
バイク買い取り屋の秘密公開中

ad

ad

-バイク, バイクあるある, バイク修理整備, 自動車

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2018 AllRights Reserved.