スーパーポジティブ ブログ 店長の独り言

どこで受け入れるのか、奥村土牛先生の企画展を見て思ったこと

投稿日:

なんだか、ずいぶん久しぶりにブログ書きますね。お久しぶりですみません^^。

さて、毎週の様に婚活パーティーなどに行っておりましたが、ちょっと疲れてきたっていうか

なんとなく、分かってきたので、惰性で婚活はやるとして、それよりも、西村徹先生と愉快な仲間たちの悪意で、子供と会えなくなって、そろそろ丸3年になるぞ。

法律は、悪意のあるものに、最大限の効果と利益を与えるということが判明したので、

僕は、それを受け入れて、自力救済をする、という選択を取ることとしました。

さて、今日の記事の本題の、それをいつ受け入れるか

というのを、土牛先生の企画展をみてきて、ぐぐぐっと感じてしまったので、記事にする。

簡単に奥村土牛先生を説明すると、日本画の先生ってことです。

で、90歳以上まで、制作活動をされていたということ。

日本画には、いくつかの手法?っていうのかな、僕が感じたのは、圧倒的な写実力は、絶対なんですけど、

極限まで、線の数を少なくしていって、その物自体を、表現するというのが、すごいな、って思う。

で、土牛先生の緋鯉の絵が、もう、それは、たまらんくらいに、すごかった。

極限まで省かれた線で、魚を表現している、もちろん、色は載せてあるんですけど、

それはそれで、ほんとうにすごいな。って、思った。線一本で、すべてを表すこと、現わすことができるんですよ。日本の絵。

浮世絵も、それに近いのかなぁ。とも、思うけどね。

こう、絶対的に圧倒されるものは、日本画が、すごいと思う。

さて、まだ本題に入っておりませんでした。

土牛先生の絵を、年齢別に並べて展示されていた企画展

そりゃ、若い方から、観ていくよね。

で、絵の繊細さや、タッチ、写実感が、深まり高まっていき、どこかの時点で、下がって行く

で、どこかの時点で、自分の技術も含めて、すべてが落ちていくとき

自分の中で受け入れなくてはいけないんだろう。

創作活動が、ライフからワークになった瞬間があるのではないか、いや、ずっとライフなのか

僕は、感じることはできなかった。

婚活やっていて感じたこと、男は、45歳までで、それ以降は、厳しくなる一方

なにを求めるか、が、妥協すればよいのでしょうけどね。そう、だから、いつの時点で、受け入れるのか。

禿の人に聞いてみたい。

いつの時点で、薄毛を受け入れましたか!!!

と、オチが付いたところで、今日はこのあたりで。

しかし、大久保も、育毛をしたいと、本気で思っているのでした^^

ad

ad

-スーパーポジティブ, ブログ, 店長の独り言

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2019 AllRights Reserved.