クラシック 店長の独り言 音楽

なぜ、グレングールドが歌うのか!

投稿日:

朝から飲みたいなぁって思っている、全国、お酒フリークのみなさん、お元気ですか?僕は、そういう時、モンスターエナジーを飲んでます。って、久しぶりにブログ書きましたどーも大久保です。

たまには、音楽のネタでもと思ってというか、僕は、ほぼ、ほぼ、90%以上は、音楽で出来上がっています。

で、残りの9%が、お酒で、最後の1%をバイクということになっています。

だから、バイクの話をされると、僕は、けっこううんざりしますんで、そのあたりよろしく^^

って本気かいなぁ。^^

グールド先生が歌うのは、ピアノがつまらないから!

おーーーーーー。キャッチーだなぁ^^

つい先日、ラジオで、バッハのバイオリンパルティータの2番流れていて

バイオリンの演奏ね。

あぁー、なんで、こう、バイオリンってのは、艶っぽくて自由で息が長いんだろう。

とにかく自由なんだ。

自由で艶っぽいといえば、背の高い女性の、緩くウエーブかかった髪が、揺れる感じ。

 

 

決まった。^^

 

いや、なんでもありません。

 

弦楽器の、あの、自由さ、次の音につながるときに、あんなにも自由にできるんですよ。

 

自由っていうのは、音を好きにできるってことで。

 

でね、ピアノはさ、自由にできることが少ないんだ。

 

単一的な直線は、上手だし、弦楽器には表現できない。そこがまたいいんだよねぇ。月光の3楽章とかさ、、、、。

 

 

そこでだ、なぜグレングールド先生が歌うのか、ピアノを弾きながら歌うのか

 

ピアノが退屈なんだよね。だから歌うんだ。彼は、おそらく、ピアノが弾きたいのではなくて、音楽がやりたいんだ。

 

自然と、ピアノを弾きながら歌うという行為が、音楽であるというところに行きついた。

 

 

という、ことを踏まえて、もう一回、グレングールド先生を聴きなおしてみようと思います。

 

しばらくは、一日中、グレングールド先生を流しながら、仕事をすることとなるんでしょうねぇ。。。

 

さて、全国、全世界のピアノ弾きさんからの、抗議、ご意見は、もちろん喜んでお受けいたします!

 

僕に、さらなる発見を与えてくれるはずですから、激しいご意見、御抗議をお待ちしております^^

 

って、ほんとうに思いません?ピアノって退屈だなぁ。って。

 

ぜひ、歌ってみましょう。グールド先生のように。

 

 

ad

ad

-クラシック, 店長の独り言, 音楽

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2018 AllRights Reserved.