ブログ 店長の独り言

15才のすべて

投稿日:

ひどいニュースだよね、ひどい

他人の万引きを、自分のしわざにさせられての

推薦が貰えなくて、自死してしまった。15才。

 

なにもしてあげられないじゃないか。

声もかけてあげられない。

本人は、どれだけの苦痛、絶望だったんだろうね。

ニュースソースはこちら

 

 

中学三年生。受験がすべてじゃないか。

その時期に自分たちを思い出してみようよ。

 

すべての価値観は、そこにしかなかったはず。

生活もすべてそこを中心に回っていた。

 

他人の万引きをさ、自分がやったことにされた

 

しかも、先生だ。担任の先生。

 

普通担任なんて、完全に、神、だろ、中学生にとっては

担任の先生は神

どうすることもできないよね。

 

その絶望の中、一人、自死を選んだなんて

 

単語並べるだけで、耐えきれん。

 

15歳のすべてを、たった一つの発言で葬ってしまう

 

私たち大人は、子供たちに対して、どんな言葉をかけてあげられるのか

 

考え、考え、伝えてあげよう。

 

 

話しはそれますが、僕は14のときかなぁ、

 

担任の先生とクラスメートが、教室の真ん中で

 

互いに、右フックを応酬し、お互いにそれをかわす

 

という学校にいたので、そりゃ、担任は神であり、鬼でもありましたよね。

 

一瞬に特設リンクとなった教室は、一瞬で、なにごともなく平常になった

 

そういう日常が、僕の14歳だったかな。

 

ぼくらんときは、子供の数も多くて、教育とかしつけとかは

 

雑だったと思うんですが、それでも間違ったことしたら、いかん。くらいは、わかってたよな。

 

すぐ、殴られたし。って、ぼくだけかな?殴られ慣れているの^^

 

ちょいと話は、かわりますが、先日OKストアってところに行って、

車の駐車場2台借りてるんで、販売用自動車の置き場としてね

置いて、電車で帰ってくるときに、建物横の通路んとこで

 

 

男子中学生が4人、地べたに座って、食べカス、散らかして。

 

ん?

 

大人だしな、言うだろ。っていうか、考えている間に通り過ぎちゃうから

 

 

『おい!じゃまだぞ!』

 

 

と。ゴミも片付けろよという意味で、ゴミを指さして。

 

 

だれか、言わないとね。そういうのは。

 

なにもかっこよくないし、みんな迷惑だし。

 

 

と、もうひとつ、あったは、先日、電車乗ったの。

 

でねぇ、、、。

 

 

乗ってそっこうで目に入ったのが

 

三人掛けの優先席に、真ん中一人で座っているおにーさん。20代。

 

足を大きく開き前かがみになりながら、自分のスマホを凝視?

 

いや、ミラーにして、顔を観ている。

 

 

んじゃ!!

 

 

ねー。

 

 

電気シェーバーで、一心不乱にひげを剃っておりますが?

 

 

すこし離れたところに、ベビーカーをママさんが、不安そうに見ているもんですから、

 

 

ママさんの不安がなくなるように、

 

 

そいつのことを、ちゃんとチェックしてますよ!アピールで

 

二歩ほどそいつに近づき、3秒ほど顔を覗き込んであげました。

 

 

これで、ママさんの不安はないでしょう。

 

電車は、おいっていうと、やばいからね。ギリギリのところまでだと、想う。

 

 

 

 

 

wpkairoti - コピー (2)P_20160308_170328
バイク買い取り屋の秘密公開中

ad

ad

-ブログ, 店長の独り言

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2018 AllRights Reserved.