クラシック スーパーポジティブ 店長の独り言 日本酒 音楽

なぜ日本人が熱狂的に運命(第五交響曲)が好きなのか?

投稿日:

ビタミンドリンクとコーラとお酒がどうしようもなく大好きな、どーも大久保です。

 

先日、ベートーベンの第五交響曲について、視覚にちょっと入ったので

 

考えてみた。想ってみた。

 

なーんで、日本人は、そんなに、運命が好きなのかなぁ。って。

 

こたえは一瞬で出た。

 

それは『平等院鳳凰堂の様な美しさだから』だ

 

わかる?

 

ようするにだね、正しく、正しすぎるくらいに美しい

 

そんな美しさが、ベートーベンの第五交響曲『運命』

 

 

 

たぶんねぇ、彼は、美しさを極めていったんだと思う。

 
そして、5番目の交響曲で完成できたんだろうな。

 

で、彼は、それから、美しさとは別の部分に

 

ちょっくらと、いったんだろうなぁ。

 

で、第九交響曲で、かれは、『神の証明』をしてしまった。

 

もー。バカぁ。って感じ。

 

人間としてのタブーが一回だけ許されるのであれば

 

タイムマシーンに乗って、生きているベートーベン先生を

 

目撃してみたい^^

 

そのくらい、リスペクトだなぁ。リスペクト。

 


 

けっこう、僕、ベートーベン先生ラブなことが
 

ちょっと前にあって、1年半毎日、朝から晩まで

 

一日平均で8時間くらい流してたのです。

 

なかなかな、ラブぶりでしょ^^

 

最近は、携帯プレーヤーに、運命を4つも入れてるんで

 

4つ、それぞれ聴いても、それはそれは、飽きないし。

 

何度、聴いても。美しい。

 

次、結婚するなら、運命の様な人と結婚しよう。

 

第五交響曲のような人と。。。なんて

 

なんて素敵な妄想なんだろうねぇ^^

 

 

今日は、酒飲まないようにしようとは思うのだが

 

多分無理なので、いつもの半分くらいにして

 

朝は、腹筋もしたので、夏までに、すこし腹筋見せられるように

 

上野毛のプールにデビューするんだ。

 

と。。。。いろいろ妄想は膨らみますが。

 

ベートーベンで言えば、2番の交響曲も大好き。

 

4番もいいし、8番も、いい。

 

別格の5番の次は、2番だよなぁ。ってな、話をできる人と

 

結婚するのもいいね。^^

 

9番は神の証明なので、これは、いいとか、よいとか、すごいとかはかんけーなくて。

 

 

もっぱら、最近の不満は、やはり日本酒を飲めないこと。

 

酒の中で美しいと言えば、日本酒。ほんとうに日本酒の美しさには

 

なんていうかね、魅せられますよ。

 

華やかで無限の種類の香り、匂い

 

口の中で七色にも変化する味

 

静かにさりげなく遠ざかっていく、心地良い味と香りの余韻

 

やがて血液に溶けて、脳みそを優しく緩めて、両手で優しく抱きしめてくれるそんな感覚。

 

ほら、日本酒飲みたくなったでしょ?

 

大体ね、一升瓶で2000円から3000円くらいの酒が

 

僕は好き。

 

 

さて、ここまで書いたら、美人に会いたくなった。

 

酒屋の美人おかみさん。も、そうだけど、日本酒にね。

 

酒屋さんでも、現在、僕はDVの扱いになっているので
 

酒、買いに行けないんだ。あの酒屋さんじゃなきゃ、

 

美しい酒は買えない。

 

 
仕方が無いので、運命聴きながら、帰る。

 

で、いいでしょ。

 

十分。満足しますから。それで、、、。

 

wpkairoti - コピー (2)P_20160308_170328
バイク買い取り屋の秘密公開中

ad

ad

-クラシック, スーパーポジティブ, 店長の独り言, 日本酒, 音楽

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2017 AllRights Reserved.