クラシック ブログ 店長の独り言 音楽

ファンとして参加させて頂きました。top of topと、僕はずーっと思っている師匠のお誕生日会

投稿日:

今晩も、酒が旨いですねぇ・・・・

酒が旨くない日が、あるんですかね、、、^^

ほんとうはあるんですが、ということを知っている、ちょっと大人の大久保です。

 

って、今、六月ですが、実は、1月に行われた師匠の誕生会の事を書いています。

 

 

なぜって、僕、物事を、ほっておくのが大好きなんです。というか、、、

 

 

頭の中で、置いて、浮かべておくと、いろいろな色や形に変化して

 

心や肉体になっていくんだと思っているので。

 

 

僕が師匠の門下生にしていただいたのは、ざっと20年以上前ですが

 

 

先生の事を、認識したのは、中学生の時でしたが、

 

子供ってのは、良くも悪くも残酷ですよ。

 

だいたい、生きていく上での、人間関係は、学校だけですからね

 

食べていく為に、仕事する為に、事実を捻じ曲げる必要は、まったくない。

 

 

そんな子供のときに、『あー、この人が、日本で一番の人かぁ』って、認識したんですね。

 

 

自分に利害関係はない。あるのは、自分の直感だけ、かな。

 

 

まぁ、そんなこんなで、音大を受験するにあたって、誰にも師事していない、という暴挙^^

 

 

だいたい、ピアノなんか、習ったことないのに、ね。^^

 

 

今は、違うみたいなんですが、当時、音大の受験には、自分の専門の他に

 

ピアノの試験もあった。

 

なのに、ピアノならったことないのに、自己流だけで、ピアノは、仕上げた^^

 

 

そんな思い上がりの激しい、男の子ですが、大体、相談できる人なんていないもんだから

 

音大受験するのに、誰にも、専攻を師事しないんだから、馬鹿だ。

 

 

で、浪人決定して、受験生向けに夏期講習みたいなのを各音大がやってくれるのに

 

参加して、そこで、僕は、今の師匠にレッスンしてもらいたかったんだけど

 

なんだか、居なかったので、野々下先生の今や、先生ですから。野々下さん。

 

同級生で、いっぱい、いっぱい練習してましたね。僕は、学校早く帰って

 

10歳下の妹と、セーラームーンとシティーハンターを見るのを楽しみにしていました。

 

 

あ、その野々下先生の、先生、秋山先生に、その夏期講習でレッスンしてもらったんだ。

 

この先生も、すげーーー人で、たった5分で、神業にトリツカレタものです^^

 

 

結局、レッスンしてもらいたかった、小田桐先生には、会えず。で

 

先生の門下生だった、人、だれだったかな、忘れたけど

 

その人がいたので、同級生になったのかな、よく覚えていない

 

先生の連絡先を聞いて、電話したんだ。

 

 

当時から、僕、ほら、人間不信というか、嫌いなんで

 

 

電車とか乗ると、すっげー緊張するんだけど

 

今日は、電車乗った。けど、大人になったから、まぁまぁ大丈夫。空いてれば絶対大丈夫^^

 

 

おっと、今日のブログは、伝えたいことは、ないっていうか

 

 

うだうだと、飲みながら書いている。。。。

 

 

当時の僕は、プロの奏者というのは、宇宙人だと思ってたから

 

とんでもなくすごい人だから、宇宙人。だと、真剣に思ってたんだなぁ

 

 

で、ご自宅に伺って、開口一番、僕の開口一番

 

 

『プロという人は、宇宙人だと思ってたので、会話ができるのが、本当にびっくりしました。』

 

 

て。おいおい。って思いますが、19歳の男の子ってそんなもんですよねぇ。若い若い。

 

 

 

そんなこんながあって、門下生にしていただいたんだわ。

 

 

 

で、学校を出て、やく20年ぶり。くらいに、先生のコンサートにいくようになった。

 

 

なんだかね、僕、10年以上、音楽封印していたんで、まったく封印していたんですが

 

ラジオもCDも、一切、音楽封印していたんですが、前の奥さんと、海外オケに行くようになって

 

コンサートだけ、いくようになったんだなぁ。

 

 

もち、こっそり、師匠のオケにも行ってました。たまーにいってました。

 

 

たまーに、載ってないこともあるんですが、それはそれで、楽しかった。

 

 

なぜ、お誕生日会に参加させていただいたかっていうのは、

 

 

最近、僕、NPO団体を立ち上げたのですが、それのfacebookページを立ち上げたいと思いまして、

 

調べたところ、まずは、個人のページを立ち上げないと、できない?みたいな感じだったので

 

個人のフェイスブックを立ち上げて。な、ところ、必然、自然と、昔の交友関係とつながるんですよね

 

 

ということで、つながった訳です。

 

フェイスブックは、確実に、馬鹿ッター発見装置といっしょで

 

人生崩壊装置、終焉装置って思ってたので、やらなかったのですが

 

NPO法人ページをつくりたかったので、仕方なくやった。んです。

 

 

で、フェイスブックとは、ほんとうに、人生崩壊装置で、崩壊してしまった人や

 

周りに崩壊してしまった人がいる人たちは、更新していないんで

 

もう、バレバレってのが、また、発見装置ではあります。

 

 

フェイスブックで、更新が頻繁な人は、健全な人で

 

更新がされてない人は、あーーー、ヤバい人か、周りがやばい人か、両方か、というのが

 

如実に現れますね。ただ、登録してあるだけって人も多いが、、、。^^

 

 

で、なんだか、メールが飛んできたんで、師匠の誕生会に参加させて頂きました。

 

 

渋谷って、うちからだとドアドアで20分なので。の、自慢。。

 

お誘いいただいたら、行かない訳に行かない、訳^^

 

 

なぜか、43歳、僕は、最長老であった。若い。みんな若い。だって、もう、うちの上の子供と変わらじゃん、みたいな子たちがいっぱい^^

 

 

楽しい、お食事会、誕生会。という、感じですが、師匠からお言葉というか挨拶というか

 

 

僕はずいぶん、大人になったから、師匠の伝えたいことが、すこしは理解できたつもりです。

 

 

その時、オケの、色とか、マナーとか、しきたりとか、を、伝えたんだと僕は理解しました。

 

その時、これから、業界を担っていく若い人たちへの、とても大切で難しいことを伝えているんだと

 

僕は感じ、理解しました。

 

 

ただ、あれは、難しいです。とても難しい。そして、自分で考えろと言ってました。そういう意味です。

 

自分で考える以外に答えはでない、いや、そもそも答えがでるものでもないんですが

 

難しくて、ほんとうにいいお話しでした。いや、目上の人に使う言葉じゃないですが

 

まさに、人生の師匠でもある訳で、上の子供の小学校の校長先生のように、すてきな指導をしていただいたのを

 

強く強く感じる時間でもありました。

 

 

師匠はいつでも、そうだ。

 

 

こうしろとは言わず、自分で考えろ、考えなさい、というメッセージを伝えるだけ。

 

 

もう、繊細すぎて、難しいんですが、、、、。

 

 

 

 

僕は、音楽の業界に、まったく利害関係がないので、好き勝手いえるので。

 

 

トップオブトップの師匠と、たまーに、同じ場所に居ることが、すごいラッキーだと思ってます。

 

 

 

 

 

 



中高年の初婚・再婚に高い実績 M’sブライダルジャパン

 













 





 







 







 





 





@結婚相談
~あなたに合った結婚相談サービスを無料でご紹介



 





 











 























 















 





 

 

ad

ad

-クラシック, ブログ, 店長の独り言, 音楽

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2017 AllRights Reserved.