ブログ 終活

自営業の先代、お父さん、お母さんが仕事を辞めてくれないときに使う魔法の言葉

投稿日:

現在、労働者世代が、どんどんと高齢化していき

その引退の時期になっていて、少なくなく

 

こんな声があるんじゃないかな。ってことで、

 

僕が魔法の言葉を考えてみた。

 

自営業の父や母が、いつまでもいつまでも仕事を続けている

 

そろそろ、やめたほうが、いい、事故とか怪我とかも心配

 

若い人がいるのならば、後継者に、責任と仕事を移譲してあげましょう。

 

本人もわかっているけど、なかなか、仕事がやめられない時に

 

魔法の言葉

 

他人に仕事取り上げられる前に自分で仕事納めしようね

ずっとずっと、頑張って仕事してきている

 

もちろん、納めてきた仕事も、胸を張れるものだ

 

だからこそ、自分の仕事が、体力が、技量がどうなのかは、自分で判断できる。

 

 

そろそろ、と、想いながらも、素直になれない

 

みんな、そうですよね。


ちょっとした失敗や、怪我などあると

 

加齢の責任にされてしまう。

 

 

だからこそ、自分で、自分のタイミングで

 

仕事を辞める

 

かっこよく辞めることができるのが

 

野球選手やプロスポーツ選手なんかと一緒

 

自営業ってさ、プロ野球選手みたいに、自分で引退決められてかっこいいよね!

そんな感じで、話してみたらいいんじゃないかなぁ。

 

機嫌いい時にですよ。へまとかした後には、絶対いっちゃだめ。

 

いい仕事納めた時に、いうんだ。

 

あと、○○回さ、いい仕事納めたって思ったら、仕事、辞めるっての、かっこよくない?

 

みたいな。

 

何月何日、という期限も自分で作ってもいいのかも。

 

 

誕生日に辞めるとかね。

 

すぱっと辞めるのも、寂しいから、、仕事、減らしていって

 

徐々に少なくしていって、最後にさ、誕生日の時に、仕事納めにしようよ。

 


人の納得なんて、気持ち一つ

 

言葉の掛けかた一つなんだよなぁ。

 

自信もって、責任もって、立派に仕事してきた人には

 

自分でやめるきっかけを、かっこよく辞めるきっかけを作ってあげるだけ

 

本当にかっこよく、そして、満足して、仕事を納めてくれる。

 

 

そうやってかっこよく仕事を納めてくれたら

 

アドバイスとか、手伝いとかも、気持ちよくやってくれるでしょ^^

 

 

本人も、周りも。

 

 

僕ってぇ、、なんていうか、偉いなぁ、凄いと思う。

 

 

さくっと、こんな文章かけちゃうんだから^^

 



ad

ad

-ブログ, 終活

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2018 AllRights Reserved.