ブログ 店長の独り言 早く東京で消耗しようぜ!

大久保がどんだけ心の優しい人か?ってそれをグダグダ書いてみる

投稿日:

平成28年度は、大久保家にとっては、激動の一年で、まだまだ、続いておりますが、そんなんだから、半分も仕事できなかった、というのが、この間、確定申告してきたら、やっぱりそのまま、数字が半分以下の売り上げだった、ということに、辛い思いが再度込みあがってきた、どーも大久保です。

 

来週は、奥さんの不貞相手から、なぜか訴えられている二件の裁判の判決がでます。

 

が、大久保は、ここんところ忙しいので、判決なので、すでに予定入っていたので、郵送で受け取ることにしました。

 

ところ、僕が、絶対に敵に回したくない青木さんっていう人ね

 

たまたま、電話かかってきたんで。なんとか都合つけて、法廷行ってきてやるよ。みたいな感じになったので

 

もしかしたら、彼が行ってくれるみたいです。

 

腰パン弁護士先生によろしく!とは、言わなかった。

 

 

だって、言ったら、マジで絡むから。絶対に絡むから。

 

 

その絡み方も、えぐいってもんじゃないからなぁ、、、。

 

どんだけ?って、海部俊樹さんみたいに、怖いんですよ^^

 

ほんと、久しぶりにブログ書いているんですが、書きたいこともいっぱいあるんですが

 

 

本当に、生活費稼がないとやばいので、奥さんは、前の旦那からの養育費を、自分の生活ににぜんぶ突っ込んでいるらしい。いや、そうだべ。

 

 

いま、奥さんと前の旦那の間にできた子供二人と、僕と、三人で生活しているんですが、

 

その、養子として戸籍には入っているのですが、その子たちの養育費って、んーー、どうなんだろう。

 

僕と、奥さんとの間の子は、小学4年生になりましたが、もう10か月も、僕は会っていません。

 

が、本日、回覧板で、小学校の校長先生が変わったことを確認したので

 

小学校にすこし確認を入れようかと思っています。

 

前の、校長先生がへましたことによって、子供連れ去れているんですが

 

その時、手のひら返しで、校長先生の態度が変わったので、これ、やば、突っ込んだら、まじ、やば。って思って

 

 

そのままにしたんですよ。えーーそんな人だったんだぁってね、、、。

 

瞬時に、僕は、引き下がりましたよ。校長先生も含めて、僕を攻撃する可能性が感じられましたので。

 

 

さて、おっと、近況は、そのあたりにして、

 

グダグダとここまで読んできて、中身がない!って思ったでしょ。

 

餃子は、中身がなかったら、おいしくないよね^^

 

 

大久保がどんだけ、いい人か?ってことだけど

 

 

先日、メトロに乗ったんですが

 

 

ホームへの長い長い階段を下りていったら

 

 

んー、お綺麗なご婦人が、ベビーカーのところで、、、、

 

胸の前におぶっている子は、3か月くらいかな。

 

小さい女性だったので、子供がすこし大きく見えたけど、たぶん三か月くらい。

 

 

あのベビーカー、どうするんだろ?って、、、、

 

通り過ぎて5歩。

 

 

いや、普通、僕が運ぶでしょ?

 

 

デカいベビーカーなんだわ。確かにでかい。

 

 

上までお運びしましょうか?

 

 

ありがとうございます。本当に助かります。

 

と、涙目のママ。

 

 

いや、これ、男だって、赤ん坊抱いてたら、まじ、無理じゃねーの?

 

 

と、ベビーカーを抱え上げると、そこに、白魚のように細く白く透けるような綺麗な指、

 

 

これ、本当に重いんで。

 

 

と、一緒に運ぶ。ということらしい。

 

たぶん、大丈夫ですよ。と、伝えて、もちろん一人で運ぶ。

 

モノは、二人で運ぶと危ないしね。バイクを積むとき、二人でやると倒すからね、素人さん。

 

 

彼女にとっては、そりゃぁ、一大事。だと、思う。あれ、抱えて階段上るのは、地獄というか、、、、

 

 

突然、僕が、奥さんからDVを開始された時のように、絶望に打ちのめされる。そんな感じだろうなぁ。

 

 

 

そして、無事、階段の上まで運んで、広いところまで運んで

 

 

大久保って、なんて、こんな当たり前のことしただけなのに、こんなに偉そうなんだろう^^

 

気分よくなってるの、バカじゃねーの?

 

 

なんてことは、思わないで。ここは、ナンパするか?

 

って、ことも思わないっすよ。

 

 

オチがないんで、このあたりで。

 

 

 

ad

ad

-ブログ, 店長の独り言, 早く東京で消耗しようぜ!

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2017 AllRights Reserved.