バイク バイクあるある バイク修理整備

中古で買ったバイクの外装の色、メーカー色がわからない

投稿日:

毎日の家飲みが楽しみで楽しみで、仕方ない、どーも大久保です。

 

今日は、どんな酒、どの、酒を飲もうかなぁなんて。思ってます。

 

さて、今日の、お題は、中古でバイク買ったけどさ、外装の色、カラーコード、メーカー色が分からないってことについて、書いてみます。
 

オートバイは、同じモデルでも、色違いの物が、必ず数種類ありますよね。

 

そして、その一つ一つのカラーに対して、メーカーがカラーコードというのを設定しています。

 

色が付いた部品、カウル、外装を、交換するさいには、そのカラーコードが分かっていないと、ちんぷんかんぷんな色のパーツが届いてしまいます。

 

なんで、こんなこと書くかというと、今日、んーーー悩みに悩んだんで。
 

修理の車両の部品を発注しようと思うのだが、カラーコードと、車体の色が合っていない。
 

どー考えても合っていない。いきなり、高い部品発注して、色合ってなくても、返品、交換できないからね。ビビりますよ。

 

僕ら、バイク屋が、色換えした時は、そのカラーコードにもわかるように、しておくんですけどね。
 

 

次に、あるいは、次の次、とか、どこのだれが、オーナーになってもいいように

 

次に触る人が、わかるようにしておくのが、マナーというか、常識なんだが

 
素人さんが、あいだに入ると、そういうところまで知識もないし、気持ちもわからないし

 

ということで、今日は、すこし余分に時間使ってしまいました。部品発注の為に。
 

ヤマハなどは、車台番号でカラーが分かるようになってるから、

 

現在の色が合っているのかは、メーカーのサイトに入れて検索すれば

 

一発で、わかるんだけどなぁ。

 


 

カラーコードは、大概は、シートを開けると、そこにシールで貼り付けてあります。

 

目立つしね、まず、そのシールをはがすひともいないので、確実に色を判別することができます。

 
が、純正で色換えしてあると、んーー。もう、わからなくなっちゃうよぉ。

 

ということで、純正で色換えしてある車両がある場合も、ある。

 

バイク屋も判定できない、場合も、ある?いや、たどり着けるとは思うけど

 

本人が、もし、カウルなどの色つきパーツを発注する際は、

 

カラーコードも大切ですが、実際の車体色のカラーコードを調べてから
 

部品発注してあげてください。

 

wpkairoti - コピー (2)P_20160308_170328
バイク買い取り屋の秘密公開中

ad

ad

-バイク, バイクあるある, バイク修理整備

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2017 AllRights Reserved.