バイク バイクあるある バイク修理整備

セルモーターが回らない、原因は何?

投稿日:

自分より頭のよい人が嫌いな、どーも大久保です^^

 

しかしながら、どーかんがえても、僕がなかよしの人は

 

僕より頭良い。賢い^^

 

ただし、女性においては、僕より頭のよい賢い人が好きです^^

 

っていうのは、昨日、あるトラブルでもめている?んですが

 

相手の代理人、弁護士先生とお話したら、てんぱってしまったのです。

 

さて、本題、先ほど、車検のラインみにいったんです。やまちゃんが

 

ハーレーダイナを車検通してたんで。

 

で、レッドバロンさんがCB1300で、ライン上にててんぱってたから

 

声だけかけて。恥ずかしいじゃん。セルモーター動かずで、立ち往生。

 

『バッテリー弱っちゃってて、いま、換え持ってきてもらってます^^』

 

いやーー、バッテリーじゃねーと思うよ。とは言わずに。

 

クランクケースカバーは触っておきました。
 

 

なぜ、セルモーターが動かなくなったかの確認で

 

クランクケース触ったんです。
 

熱が高くなると、エンジンがギンギンに熱くなるとですね

 

セルモーターが回らなくなる、っていうケース、あるんですよ。
 

で、僕が確認している車種に、CB1300とハヤブサがあるんですね。

 

で、ラインで立ち往生していたのは、CB1300

 

あれ、バッテリー換えても、おそらく、状況変わらず。

 

ただし。ただし、30分くらいおいたら、瀕死っぽく、エンジンは始動できるかも。なんです。

 


 

ここ数年、とくに夏は暑いですからね、そういうトラブルが一杯でます。

 

出先で、ツーリング先で、おそらく、そういうトラブルになったとき

 

日陰にバイクを置いて、焦らずに、じっくり待ちましょう

 

冷えれば、セル、また、回ってくれるから。

 

本来なら、というか、僕は、常に、テスター持ち歩いているので

 

電圧測って、確認しますけどね。12.3Vくらいあれば、まず大丈夫って判断。

 

 

距離や経年劣化で、セルモーターは消耗品として考えるものなんです。

 

ビッグバイクは、3万も4万もしますけど。消耗品です。

 

距離で2万キロくらい超えたら、先ほどの車種は、トラブルでてもおかしくないからね、と、考えておいてください。

 

真夏のツーリングも楽しいです。気分が大変に楽しいです。

 

バイクには、辛い状況であることを、頭の中に入れてあげてください。

 

渋滞中、ストん、と、エンジンが落ちて、そのまま掛けられないことありますよね。

 

とにかく、渋滞のビッグバイクは、人間以上に、バイクには過酷な状況になってます。

 

渋滞するなら、ゆっくり、休んで。それこそ、ネットカフェにでも入って寝て。くらいの、贅沢な時間の使い方ができると、最高です。

 

 

セルが回らなくなったとき、エンジンが掛けられなくなったとき

 

まっさきに、疑うのは、バッテリーですが、

 

朝一でエンジン掛かったのに、しばらく乗ったあとは、ダメっていうものは

 

ほぼ、ほぼ、セルモーターの劣化であるとお考えください。

 

診断と対策を間違えると、大変な出費になります。

 

レッドバロンさんなんでわかってるかと思ったのですが

 

若い子だったので、知らなかったのかなぁ。。。。

 

車検場で、バッテリーダメになったので、バッテリー交換が必要です。

 

と、お客様にバッテリー交換をしていただいても

 

あっという間に、また、セルが回りません・・・・って連絡入ります。

 

 

診断と対策は、できるだけできるだけ正しくと心がけたいです。

 

このくそ暑い中、あのでかいバイク押すの嫌だよなぁぁぁぁ。

 

いやぁ。

 

wpkairoti - コピー (2)P_20160308_170328
バイク買い取り屋の秘密公開中

ad

ad

-バイク, バイクあるある, バイク修理整備

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2017 AllRights Reserved.