バイク バイクあるある バイク修理整備

HONDAは、キルスイッチがオフでも、セルが回るんで、不動の原因が探せない人が多い。

投稿日:

一週間に10食はカレーを食べている、ほぼ中毒状態の、ドンファンにはなれない、どーも大久保です。

 

バイクの修理してて、ここんところ気になったことがあったので、書いてみます。

 

通常、オートバイは、キルスイッチが必ずついていて、それをオフ、またはストップにすることによって、エンジンが止まります。

 

及び、セルの回転もとまります。が。。。。

 

ホンダ車はキルスイッチに関係ない、セルは回る!

 

ことがあるので、セルをぎゅるんぎゅるん回しているけど、エンジン掛からない。のが、プラグから火が飛んでいないということに気が付かない。というトラブルがある。

 

ホンダ車はキルスイッチをオフにしてもセルは回り、点火はカットされる。

 

よって、火が飛んでないから、エンジンが掛からない。

 

そんな事があるんですよね。

 

結構、キルスイッチの接触不良で、エンジンが始動できないというものもあるので、セルは回れどエンジン掛からないホンダ車は、

 

キルスイッチの接触不良を確認することが必要です。

 

プラグコイルやCDI(イグナイター)が、終わっていて火が飛ばないということも稀にはある。

 

どちらにしろ、正しい判断、見立てができればいいのです。

 

ただ、エンジン掛からない。という状況で、冷静になれないこともあるので、そのあたりは、冷静に冷静に。

 

浮気の証拠と突き付けられても冷静に、逆切れするくらいじゃないとね^^(#サクッと不倫)

 

キルスイッチの接触不良は、珍しくありません。

 

基本的には、分解して接点を磨くなどの修理が好ましいですが、接点復活剤というスプレーを使用しても良いです。

 

修理及び再発防止にもなります。

 

いいですね、エンジンが始動しない場合の大原則

 

  1. 良い圧縮
  2. 良い火花
  3. 良い混合ガス

となります。エンジン始動しない場合、ちゃんと基本に戻って確認してください。

 

エンジン掛からないと、焦りますけど、焦りますけどね、冷静に考えてみて。基本に戻って確認です。

 

接点復活剤はこんなのが良いです。

ad

ad

-バイク, バイクあるある, バイク修理整備

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2018 AllRights Reserved.