スーパーポジティブ ブログ 早く東京で消耗しようぜ!

貧困問題の閉塞感は、こんな根底に宿っているのではないだろうか

投稿日:

バカっぽく見えますが、そんなに、馬鹿でもなさそうな、どーも大久保です。

 

先日、ちょっと新聞を読んでて、信号待ちで新聞読むことにしたんだわ、

 

溜まりに溜まっているんで。

 

 

そんなんで、すこし言葉を借りちゃおうっていうか、いいフレーズがあったので、考えてみたんだぁ。

 

いま、日本における、不公平感や、閉塞感、やる気のなさや、頑張っても報われない感

 

これって、さ、ほんとうに蔓延していると感じていますが

 

その根底にある問題とは、

 

収入や地位の高い人が、本来、社会に対して高いモラルと人間性で生きる義務があるのに、自分の為だけにしか生きていない

 

ってことなんじゃないかなぁ。

 

発言や、行動、影響が小さくはない、大きな人たちは

 

社会に対して、高い倫理観のマナー、モラルで生きていくから社会が良くなるってこと。なんだよね?

 

謙虚さのかけらもなく、自分の自分だけの為に生きている。

 

今、平成28年ですが、社会で発言力や影響力のある人たちってのは

 

人口比率も少なく、ようするに競争相手も居ない、そんな時期に社会人であって

 

さらにバブルのころに、社会が成長したと同時に、自分たちも成長したと勘違いしている人達

 

そんな人たちが、いま、社会に上の方にいるもんだから、どんどんと腐っていくんだろうね。

 

自分たちが優秀だと思っているけど、それは、競争相手がいないだけじゃん。って、思い至らない。

 

そして、今の位置のいるのが、自分が優秀だからと思っている。

 

 

あと、その位置にいない人は、たまたま、仕事してないないだけで、自分もその位置にいるべき人間だと勘違いしている、

 

そう勘違いしている人の閉塞感もおっきいんだろうなぁ。

 

いいですね。大人とは、自分より弱い人達へ、大きな義務があるんです。

 

 

みんなで、よくしていこうよ!っていう義務が。

 

 

それが分かってないんだろうなぁ。。。

 

ただね、一生掛かってもわからないから、それは諦めて

 

いま、仕事が厳しいとか、難しいとか、稼げないっていう人は

 

どんどんと転職して、すこしでも給料のよい、稼ぎのよいところに移るってのが、世の中を良くすることだと思います。

 

探せば、、本気で、いっぱい、沢山探せば、ふさわしい仕事が、見合った稼ぎがあるはずです。

 

そうだなぁ、100とか200とか、転職先を検討してみたら、絶対あるはず。

 

たった、10個くらいで、諦めちゃうなんて、全然だめだからねぇ。

 

結婚相手だって、100人、200人、もっと多くから選ぶでしょ。そんなもんだよね。

 

社会を良くしていくのには、転職をいっぱいすることじゃないのかな、って、ふと思ってみたんです。

P_20160204_170906

 

 

ad

ad

-スーパーポジティブ, ブログ, 早く東京で消耗しようぜ!

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2018 AllRights Reserved.