ブログ 子育て 店長の独り言

食が細い子に、しっかり食べさせる魔法を教えてあげます

投稿日:2016年7月4日 更新日:

突然、奥さんが家を出ていってしまって、連日家事と仕事に追われている、どーも大久保です。

 

と、いっても、なんだか、あれですね、冷蔵庫を一人で使えるので無駄が無くて、とっても精神的には楽です。

 

及び、子供たちの食がどんどんと充実していく、という、この反比例みたいな、なんていうか。

 

そんなこんなで、一人で、子供たちを面倒みていて、思ったこと、考えてこと、など、沢山ありまして

 

朝、ほらーーー、早く食べなさいぃぃ

 

ってのは、どこのご家庭でもあるかと思いますが

 

本当に、朝、食べてもらえなくて、えーー。んーー。とかねぇ。

 

やっぱり、朝はしっかり食べてもらわないと、親として、保護者として、なんていうか、焦りますわ。

 

かといって、朝から、子供の好きなものだけ並べるとかも

 

偏食になってしまいますから、それはそれで困ります。

 

朝の戦争状態は、相変わらずですが、だんだんと慣れてきたところで

 

子供たちの様子をよーく観察するようにしてみたんです。

 

それでも、好き、嫌いは、ありますが、やっぱり、お腹は減るみたいで

 

 

子供たちは、食べたいことは食べたいみたい。です。

 

 

って、ことはぁ、機嫌か?気分か?などとも考えてみたりもしましたが、

 

 

あ、もしかして。

 

 

 

って、先日。

 

 

隣に一緒に座って、一緒にモリモリ食べたらいいんじゃねーの?

 

と、隣に座って、一緒に食べたら。

 

子供、食べだすわ。

 

モリモリ、だんだんと加速するように、食べていく。

 

 

ほっておいても食べるときは、食べる、その時は、ほっておくけど

 

食べないなぁ、食べ始めもしないなぁ、全然細い。って思ったら

 

忙しいですよ、とっても忙しいですよ。それでもね

 

隣に座って食べてみてください。

 

不思議と食べ始めますから。

 

すべてのお子さんが、同じようにはならないでしょうけど

 

そういうヒントがあるんだと思ってください。

 

細い子ってのは、どこかにスイッチがあるんじゃないかなぁ。

 

 

子供って、一緒にやろうよ!って言葉好きじゃん。

 

 

だから、なんでも一緒にやってあげると、けっこう喜んでやってくれるもの

 

食事もね、一緒に食べてあげると、進むかもしれませんね。

 

 

子供はさ、無条件に、親の事、好きだと思うから、一緒になんでもやってみるってのが、いいんだろうね。

 

P_20160629_065135小さい子は、特に、隣に座って、食べさせるんじゃなくて、自分も食べるんです。

 

 

そんなことでしっかりと食べてくれますよ。

 

子育ては、待ったなしで難しい、し、疲れるけど

 

どこかにヒントはあるはずです。

 

そうだなぁ、一週間に一冊ずつ子育ての本を読むってのも、心が軽くなるかも

 

 

参考にね、他人様がどうやって子育てしたかってのを、感じてみるのもいい。

 

 

しかしあれですよ、当てはめてはいけません。

 

 

あくまでも参考に。する。へーー。って、新しい発見を得る為の

 

他人様の子育てのヒントは、有意義になると思うなぁ、、、。

 



中高年の初婚・再婚に高い実績 M’sブライダルジャパン

 













 





 







 







 





 





@結婚相談
~あなたに合った結婚相談サービスを無料でご紹介



 





 











 























 















 





 

 

ad

ad

-ブログ, 子育て, 店長の独り言

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2017 AllRights Reserved.