店長の独り言 貧困問題解決

奨学金が返済できなくて、困っている人は、迷わず自己破産です

投稿日:

おやすみにすると、どーしても朝からの飲みたくなって、飲むんですけど、洗濯とか料理とか、家事は、ちゃんとやる、どーも大久保です。

 

現在、奨学金を返済できなくて、にっちもさっちも、ほんとうに大変になっている若者が増えている、と、どうやら、記事になるくらいなので

 

かなりの数の人が困っているんだろうなぁ。と、ちょっと切なくなりました。

 

返済があるから、結婚もできないし、と、そういう問題もあるようです。

 

 

もし、その奨学金が、保証人を立てていないようであれば、自己破産を進めます。若ければ若いほど、自己破産を勧めます。

 

 

学びたいのなら、保証協会、保証機関を使って、奨学金を借ります。

 

卒業後の仕事がうまくいかない、就職できないのであれば、自己破産をためらう必要はありません。

 

本来、しっかりと学んできた学生を、卒業した学生を、社会がしっかり受け入れてあげなくてはいけないのです

 

現在、そうもいかず、ひたすらに苦しい人が多い。

 

遊んじゃった金なら、自分でしっかり返しなさい。しかし、学校に行くためのお金ですから

 

社会にでて、社会に返すつもりで、仕事をするのだけども、就職できない、就職できてもブラック企業

 

若い人達の閉塞感、絶望感は、想像しがたいほどに大きなものでしょう。

 

 

親や親族に、保証人になってもらった人は、サラ金でも、カード会社でも、借りるだけ借りて、

 

奨学金を返済し、あとは自己破産。そういう方法を使わないと、若者が一人、一人、立ち上がれなくなってしまう。

 

 

サラ金でお金借りるのが、難しい、気持ち的に難しければ、カードでギフト券を購入して

 

そのギフト券を売却し、自己破産する。カード自体は、自己破産で取り上げられてしまうので、

 

たくさん、カード持ってないと、厳しいですが、、、。

 

 

債務整理することで、新しく、人生進みますから、

 

絶対に一人で悩まず、相談してみて。

 

 

匿名で、相談は無料なんですよ。



借金なんていうのは、みんな、リスクという金利を取って

貸しているんですから、踏み倒されても、ちゃんと利益でるようになっているんです

 

 

だから、奨学金の返済で、人生、生活が厳しい人は

 

迷わず!債務整理。

 

 



 


 

ad

ad

-店長の独り言, 貧困問題解決
-, ,

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2017 AllRights Reserved.