クラシック 店長の独り言 音楽

ショパンってどうやって弾くの?って相談を受けたので、答えてみましょう

投稿日:

眠れない夜は、音楽を聴くに限るなぁ、って、当然、眠れなくなって、いろいろ考えてはみたんだが、という、どーも大久保です。

 

最近は、あれだね、いろんな相談ごとを受けるから、今日は、じゃ、ショパンについて、コーチングしてあげるっか。な。

 

 

そこ、笑うところです。

 

先日ね、まぁ、なぜだか、ショパンをどうやって弾くんだ?っていう相談を受けたんで、ちょっと考えてみた。

 

僕は、基本的に、学歴がないおバカなので、つど、考えて考えてこたえをだす。

 

お利口さんは、すでに、他人が出した答えを、頭の中に、いっぱい整然となれべておいて、それを、ただ、出すだけ。

 

 

ですよ。奥さん。^^

 

 

 

ショパンをイメージするとこうなる

 

 

僕のショパンのイメージかぁ、、、。どうかなぁ、特にない。かな。

 

あえて、三歩引いたところで、音楽を作っていくという感じかな。

 

もっと、きれいで、美しく、甘い旋律、和音を造れただろう、紡げただろう

 

しかしながら、なんで、そこまで追い求めないのか、

 

追求しない美学があるんじゃないか、とも、感じるかな。

 

って、いま思いついたことを並べてみた。

 

 

ちょっとだけ、その自分のルールを破ったのが、ショパンのコンチェルトかなぁ。

 

 

いや、ちょっと、って、なところあるじゃん、美しすぎてもっていかれそうなところ。

 

 

まぁ、そんなイメージで音を作ってみたら、どうかな?

 

 

決して手抜きではないんですよ、しかし、全力で美しさを求めない、探求しない、感覚、なんていうか

 

力が抜けた、美しさ、自然な美しさ、じゃないか。

 

僕がよく使う表現で、風が吹くように。

 

その風が吹くような自然な美しさを、ほんのり色付けしたのがショパンかな。

 

 

ショパンといえば、仮屋崎さん。です。

 

 

ぼくはこの人が、つぁらぁーって、弾いたショパンをテレビで見たときに

 

 

心、持っていかれました。

 

ということで、紹介しておきますが、

 

 

僕、このCD聞いたことないので、だれか、感想教えてほしい。

 

間違いなく、素敵なショパンですよ。仮屋崎省吾さん

 

ピアニストになりたくて、途中まで専門教育受けていたけど

 

お花と両立できないとして、何十年もピアノを封印していた。という、お話しが、

 

僕は、涙しましたね、、、、。

 

 



ad

ad

-クラシック, 店長の独り言, 音楽
-, , ,

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2018 AllRights Reserved.