クラシック 店長の独り言 音楽

都響スペシャル2020(10/25)観てきた感想。

投稿日:

都響スペシャル2020(10/25)

[出演]
指揮/小泉和裕
[曲目]
ベートーヴェン:交響曲第4番 変ロ長調 op.60
ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調 op.90

 

どーも大久保です。

僕のなかで、やっと解禁にした、半年ぶりのオーケストラ。

小泉先生が、2018年に都響さんとやった、ブラームスの2番が、人生で最高の演奏会で、ま、それまでに、小泉先生の演奏が、あまりにも素敵すぎて

隠れファンとして、オペラグラスでたくさんみております、ということで

ブラームス3番。

 

師匠は、降り番で、新しく加入された、主席高瀬新太郎先生を、初めてみる。

んーーー。スライドがぐにゃぐにゃ。で、違和感たっぷり。

主席なんですから、2番、3番奏者に、どうやるのか、指示入れてほしいよな。

あと、音が柔らかすぎて、オケの音じゃねーし。もっと、堅く。硬く。

ってなことをおもっていたら、終わってしまった。

 

演奏自体は、まぁ、そんなもんかな。僕も久しぶりに生の音だったので、興奮はしましたが、

 

まぁ、そんなもん。

 

って、演奏終わった後の、団員さんたちも、笑顔、ほぼ、なし。っていうか、全員なし。

でも。

見事な演奏でした。

ただ、ベートーヴェンの4番。

笛の人が、最高に美しくて。

最高に上手で。

ベートーヴェンの交響曲ってのは、笛の為にあるよなぁと

実感したのです。

ほんと、フルートの先生、すっげー良かった。

問題なのは、さらに、めっちゃくちゃに美しい女性だったということです^^

 

ま、そんなこんなで、無難な演奏会だったと思います。

とっちらかることもないし、って、都響さんでとっちらかることは、まずないけど^^。

 

あくまでも、大久保の個人的な感想です。

クレームは受け付けます^^

 

ad

ad

-クラシック, 店長の独り言, 音楽

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2021 AllRights Reserved.