バイク バイクあるある 事故 自動車

豪雨でバイクに乗ってはいけない、その教育をみんなでしましょう

投稿日:

煮出した麦茶を子供に飲ませたら、苦くてまずいと言われて、あれさ、高級な麦だったんだけどなぁ、と、ちょっと悲しくなった、どーも大久保です。

 

先日、東名高速道路で、転倒したライダーが後続の車にはねられて死亡したというニュース。

 

本当に悲しかったです。

 

 

豪雨の時、絶対にバイクに乗車してはいけない

 

このことを知らないライダーが多すぎるので、みなさんに理解しておいてほしいです。

 

豪雨は、大変に危険なのです。何が危険かと、たくさんの危険要因があるので、ざっと書いておきますね。

 

知ってしまったら、怖くて乗れなくなると思うんだけど。

 

 

水たまりになった路面に、目視できない障害物や、穴があるかもしれない。

 

とくに豪雨なんてのは、台風だったりすると、風もすごい強いので、いろんなものが飛んできている可能性が高い。むしろ、いろんなものが道端に落ちていると思っていい。

 

それが、路面が水たまりになるようだと、目視では、確認できないでしょ。

 

それに乗り上げたら、一発ですよ。一発でアウト。転倒してしまう。

 

 

また、水たまりになるような路面の場合、時速が80キロを超えたら、水の上にタイヤが乗ってしまって、特に軽い車両だと、時速80キロに満たないでも、タイヤが乗ってしまう

 

特に、身体の軽い女性なら、とくにそう。そうなってしまうと、スケートのようにバイクが、つつーって滑っていって、何もできない状態になる。

 

今回、東名の事故は、そんな気がする。タイヤが水の上に載って、滑って、そのまま、転倒じゃないかな。

 

ある程度、知識と技術のある人ならば、その感覚で、また、タイヤが路面に食いつくまでまって、慎重に移動するんだけど。

 

豪雨で走るくらいだから、知識も技術もないと判断するのが妥当かと。

 

車体にあたる、雨水の量が多いと、点火系に水が回って、リークして、エンジンがストール、ストップしてしまうことがある。

 

その場合、交通量が多いと、後続車との接触の可能性が大。衝突されて、大事故。が、可能性あります。

 

また、タンクキャップのエア抜きがうまくいかなくなって、タンクのガソリンがキャブレターに落ちなくなって、それでもって、エンジンストップする。というのも、可能性としてあります。

 

 

通常、雨水が入らないところにまで、雨水が侵入して、電気系のトラブルで、エンジンが止まるという可能性もある。

 

 

あとは、やっぱり怖いのは、他の自動車やトラックの視界が悪くて、バイクを認識、目視ができずの事故も多い。雨の日だけで、多いんですから。

 

先日の萩原流行さんの件もそうですよね。ちょうど、僕、あの1時間後に現場通ったんです。ニュースで事故、知りました。

 

あの日、別件で、池袋あたりを軽トラックで走行していましたが、あまりの豪雨で、信号機の信号が見えない、という日でしたね。

 

あの状態で、警察車両、自動車が進路変更でしょ?まず、目視しても、見えてなかったんじゃないかと思います。

 

車運転する人も、あれじゃ、あてずっぽうだし、前に何か落ちていても、まず、見えない。

 

だから、バイクだけでなく、自動車も豪雨の時は運転をするべきではないんですけどね。

 

 

ちょっと考えただけでも、これだけの危険があるのですから、豪雨の時には、バイクに乗ってはいけません

 

いいですね。

 

豪雨の時には、バイクに乗ってはいけません

 

 

自分の身は、自分で守れ

 

また、車を運転するのも、できれば、やめてね。

 

前に何かが落ちていても、まったく見えないんですから。

 

 

 

 

たった60分でバイク車検を完成できるのはホリデー車検
さんです。

平日も60分バイク車検、土日も60分バイク車検全国どこでもホリデー車検
さんを、お勧めします。うちは商売敵なんですけどね^^。お勧めしちゃいます。

自動車の車検は、たった40分なんだって。それも、すごいなぁ、、、。

 

自動車の車検、法定費用まで、カード支払いが可能なショップを全国から探す⇒◆全国にいっぱいあるから探してみる?◆

 

 


wpkairoti - コピー (2)P_20160308_170328
バイク買い取り屋の秘密公開中

ad

ad

-バイク, バイクあるある, 事故, 自動車

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2018 AllRights Reserved.