バイク

バイクは洗車しておくと、高く売れます

投稿日:

バイクの洗車ってどうするの?という質問は

かなり沢山頂きます。

 

普通、そういうこと、教えてくれることもありませんしね。

ということで、ざっくりと、バイクの洗車の仕方をお伝えします。
用意するもの

 

 

  • 中性洗剤
  • 柔らかい洗車用スポンジなければ、スポンジでいい。
  • めん棒
  • 割り箸
  • 楊枝(ようじ)
  • 歯ブラシ
  • タオル
  • ワックス
  • 潤滑材とチェーンオイル
     

    まずは、水をぶっかける。バケツに水汲んで、スポンジで、水をかけるように、

    表面のホコリ、砂、を落とす為に、水をかける。

     

    ホースの水でもOKです。

    ただ、おもいっきりはだめです。

    雨の中、走ってもバイクは大丈夫なようにで設計されていますから

    気にしすぎることはありません。

     

    ただ、走行してて、そんなに入らないだろ、ってところに

    ホースでジャブジャブかけるのは、だめ。

     

    ひとりきりに、ほこりや砂が落ちたら

    バケツがあれば、バケツの水に中性洗剤を落として

    その水を、柔らかな洗車スポンジを突っ込んで

    綺麗っぽいボディーやカウルを、優しく洗ってください。

    感覚的には、食器を洗うくらいの感覚です。
    油っぽいところとかは、洗わない。

    とにかく、綺麗なところを洗う。

    そうすると、綺麗なところが、綺麗になると

    全体的にすっごく綺麗にみえるんです。ね。

     

    油っぽいところは、捨ててもよいスポンジで洗うんですが

    その前に、油のかたまりとかができているところなどは、

    楊枝やめん棒、割り箸などで、固形となっている

    油の塊を取り除いて。ください。

    油の塊がとれたら、歯ブラシに直接中性洗剤をつけて

    ごしごし、と、なんども、なんども中性洗剤をつけてやってみてください。

    これで、頑固な汚れがよくおちます。

     

    ホイルに、付着しているチェーンのオイルも

    歯ブラシ攻撃で、結構綺麗になります。

     

    コツは、全部歯ブラシで落とすんじゃなくて

    適度に、布などで油をふき取る。のが、いいです。

     

    油がひどいところは、まずは、固形のものを取り除いてから

    捨ててもよいスポンジで中性洗剤を直接たっぷりくっつけて

    ごしごしやってあげてください。

     

    ホイル、チェーン、エンジン回りですね。

     

    全体的に綺麗になったら、固形のワックスでも

    液体のワックスでもいいので、ボディーや、金属部、ウインカー、ミラーなど

    だいじょうぶそうだな?というところに、塗布して

     

    ワックスは乾く前に拭きとるのが効果的です。

     

    特に乾いてから拭きとるっていう必要は、ありません。

    むしろ、乾いてからの方が、拭きとるの面倒だったりもします。

     

    そして、チェーンに油くれてやって、

    レバーや、サイドスタンド、動くところに潤滑材をくれてやる。

     

    タイヤの空気圧も調整して、チェーンも調整してあげて

    一回りしてくると、見違えるほどに調子よくなってますよ。

     

    そして、綺麗で調子よいバイクは、売るときも当然高くなります。

     

    ここで、秘密を教えてあげます。

     

    洗車一回5万円

     

    これ、買取屋さんの秘密ですね。

     

    ユーザーさんから買い取ってきて、洗車して

    オークション持っていくでしょ。

     

    洗車するとしないでは、5万円値段が違うっていうことなんです。

     

    さらに5万円高く売るんだったら、↓の僕が秘伝のマニュアルを

    無料で公開していますので、みてくださいね。

    P_20151209_140818

wpkairotiprofile-2_R[1] - コピー
バイク買い取り屋の秘密公開中

ad

ad

-バイク

Copyright© バイクの車検・バイクの修理と整備の『ようこそ!アジア部品』 , 2017 AllRights Reserved.